産毛への脱毛

お顔の産毛、意外と気にしている方も多いと思います。
お顔以外にも、指や背中など気になるところをあげればきりがないくらいですよね。
全身脱毛するほどではないし、と自分で処理をされている部位もあると思いますが、かみそりなどでの処理を続けていると薄かった毛もだんだん濃くなってしまいますし生えている範囲が広がってしまうこともあるんです。

 

最近ではお顔の脱毛施術を行っているエステ店も多くなってきているのですが、うぶ毛は普通の毛と比べると色素も薄く、レーザーやフラッシュの光が反応しにくいことがあります。
もし、エステ店やクリニックなどでのお顔脱毛を考えていらっしゃるのでしたら、うぶ毛にも効果がある脱毛器を使用しているお店を探してみましょう。
またお顔のうぶ毛処理には色素沈着ややけどといったトラブルが起こる可能性もあるので、しっかりと説明を受け安全かどうかを確認してから施術を受けなくてはいけません。

 

脱毛まではしなくても…と思われる方は、抑毛ローションを使ってみてはいかがでしょうか。
化粧水のように使える商品ですし、普段のお手入れで使用していれば少しずつでも毛が薄くなって、さらにお肌もうるおいます。
普通の化粧水と比べれば少し値は張りますが、試してみる価値はあると思いますよ。

 

xn--tckr8hc1a9366be3hz09f.net

レーザー脱毛でやけど

レーザー脱毛で火傷

皮膚科やクリニックでのレーザー脱毛は、認可を受けた医師・医師の指導・教育を受けた方のみが行える施術方法で、なにかトラブルがあった時にも医師が対応してくださいますので安心して脱毛が受けれると人気の脱毛方法です。
しかし、そのレーザーの出力が高出力のため、やけどしてしまうというトラブルも多くなってきています。
毛根が焼ける程の高熱が発生するのですから、お肌も熱を持ったり火傷してしまうことがあるのです。

 

軽いやけどのような、お肌に赤みがでてきたという位でしたらお薬を塗布して数日で治りますが毛穴に雑菌が入り込みニキビのような状態になってしまうことも。
これですと治るまでには4〜7日程度かかってしまいます。
またこれほどの症状になってしまうのはごくまれといわれていますが、深い火傷状態で色素沈着になってしまい、処方されたお薬でも治らないというケースもあり、中には落ち度を認めない医師もいらっしゃるそうです。

 

安全で高い効果があるからとレーザー脱毛を受けたのにやけどや色素沈着になってしまっては困ってしまいますよね。
フラッシュ脱毛でしたら、レーザーよりも低出力での施術になるためやけどといったトラブルのリスクも少なく低価格での施術が可能、お肌にも優しい施術方法ですので脱毛を検討している方はぜひも考えてみてください。

更新履歴